/

北朝鮮の核実験場に車両 米大分析、装置の搬入か

(更新)

【ワシントン=共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は25日、衛星写真に基づき、北朝鮮北東部豊渓里にある核実験場の坑道入り口に、4、5台の車両とみられるものがあることを確認したと発表した。

同サイトは、断定は避けながらも、車両が6回目の核実験の準備に関係があるとすれば核装置搬入の可能性があると指摘した。

衛星写真では、倉庫区域の近くに砂とみられる建設資材が置かれていることも確認された。資材をコンクリートと合わせて坑道をふさぎ、核実験の際に核物質が大気中に放出されるのを防ぐために使われる可能性があるという。

核実験を巡り、FOXニュースは23日に複数の政府当局者の話として早ければ月内に実施する可能性があると報道。CNNテレビは24日に核実験の準備が整い、いつでも実施できる状況になったと伝えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン