北朝鮮の核実験場に車両 米大分析、装置の搬入か

2017/3/26 10:49 (2017/3/26 20:16更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は25日、衛星写真に基づき、北朝鮮北東部豊渓里にある核実験場の坑道入り口に、4、5台の車両とみられるものがあることを確認したと発表した。

同サイトは、断定は避けながらも、車両が6回目の核実験の準備に関係があるとすれば核装置搬入の可能性があると指摘した。

衛星写真では、倉庫区域の近くに砂とみられる建設資材が置かれていることも確認された。資材をコンクリートと合わせて坑道をふさぎ、核実験の際に核物質が大気中に放出されるのを防ぐために使われる可能性があるという。

核実験を巡り、FOXニュースは23日に複数の政府当局者の話として早ければ月内に実施する可能性があると報道。CNNテレビは24日に核実験の準備が整い、いつでも実施できる状況になったと伝えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]