和歌山南部で猛烈な雨 河川増水や土砂災害警戒

2017/6/25 7:53
保存
共有
印刷
その他

日本列島は25日、梅雨前線の影響で暖かく湿った空気が流れ込んだため、九州から近畿地方にかけて大気が不安定な状態となり、和歌山県南部では局地的に猛烈な雨が降った。気象庁は河川の増水や土砂災害に警戒するよう呼び掛けた。

レーダーの解析によると、25日未明には和歌山県のすさみ町や古座川町、串本町付近で1時間に約110ミリの雨が降ったとみられ、気象庁は数年に1度の大雨として記録的短時間大雨情報を出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]