/

東京駅100年、記念スイカで大混乱 販売中止で客怒り

(更新)
東京駅開業100周年の記念Suicaの販売が中止され、購入できなかった人で混雑するJR東京駅(20日午前)

JR東日本が20日午前、東京駅開業100周年を記念したIC乗車券Suica(スイカ)1万5千枚を限定販売したところ、同駅丸の内南口の窓口に客が殺到した。安全を確保するため約2時間半で販売を中止したのに対し、買えなかった人が駅員に詰め寄るなど大混乱した。今後、あらためて販売するが、詳細は未定という。

JR東日本東京支社などによると、スイカは赤れんが駅舎をデザインした1万5千枚。1枚2千円で1人3枚まで。希望者が多く、午前8時だった販売開始時刻を前倒しし、午前7時14分から売り出した。19日朝から並んだ人を含め、その時点で約9千人が列をつくった。販売は午前9時40分に打ち切られた。

駅では買えなかった人が「説明しろ」「割り込みがあった。転んだ人もいたぞ」などと駅員を取り囲む場面もあった。

記念IC乗車券の収集が趣味という宇都宮市の男子大学生(20)は「楽しみにしていたのに残念だ」と疲れた様子。茨城県取手市から始発で来た男性会社員(55)は「徹夜で並んではいけないと告知していたのに、買えたのは徹夜組。せっかくの100周年に泥を塗った」と憤った。

JR東日本東京支社は「大変ご迷惑をお掛けしました。誠に申し訳ございませんでした」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン