/

渡辺一平、男子200平で世界新 競泳の都選手権

2分6秒67

(更新)

競泳のリオデジャネイロ五輪代表で19歳の渡辺一平(早大)が29日、東京辰巳国際水泳場で行われた東京都選手権の男子200メートル平泳ぎで2分6秒67の世界新記録を出した。従来の記録は、2012年9月に鹿児島・志布志高の山口観弘(現東洋大)が出した2分7秒01。日本選手が競泳で世界新記録を出すのは山口以来。

大分県出身の渡辺は大分・佐伯鶴城高から早大に進んだ。同種目でメダルを期待されたリオ五輪は準決勝で2分7秒22の五輪新記録を出したが、決勝は6位に終わった。男子200メートル平泳ぎでは北島康介が3度、世界記録を樹立している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン