/

コミー前FBI長官声明のポイント

米連邦捜査局(FBI)のコミー前長官の声明のポイントは次の通り。

一、1月27日の一対一の夕食で、トランプ大統領にFBI長官を続けたいかと尋ねられた。「必要なのは忠誠心」と言われ、ぎこちない沈黙が続いた。

一、2月14日、大統領執務室で人払いをしたトランプ氏が、フリン前大統領補佐官について「諦めてほしい。彼はいいやつだ」と述べた。ロシア大使との接触に関しフリン氏が虚偽報告したことに関する捜査の中止を求め、ロシア疑惑の捜査全般の中止要請ではないと理解した。FBIの独立性の観点から強い懸念を感じた。

一、3月30日、トランプ氏が電話をかけてきた。ロシア疑惑捜査が大統領職務遂行の障害になっており、自分が捜査対象ではないと公表してほしいと述べた。(ワシントン=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン