ロシア機「突然激しい爆発音」 ブラックボックス解析
仏国営テレビ報道

2015/11/7 6:24 (2015/11/7 6:52更新)
保存
共有
印刷
その他

【パリ=共同】エジプトで起きたロシア機墜落をめぐり、フランス国営テレビ、フランス2は6日、回収されたブラックボックスの記録を解析している専門家が「突然、激しい爆発音が響き、その後は何も聞こえなくなった」と話し、故障以外の爆発が墜落の原因とする見方を示したと報じた。

航空機事故で原因特定の決め手となるブラックボックスは、ボイスレコーダー(音声記録装置)とフライトレコーダー(飛行記録装置)で構成される。

専門家は、エンジン故障の場合、ボイスレコーダーに爆発音以外に断続的な異常音が記録されるケースが多いと指摘。フライトレコーダーの記録と合わせて、爆破テロの可能性が高いことを示唆した。

また、墜落現場に散乱した機体の残骸を見ると、損傷は機体内部から外部へ向かう傾向が確認できると証言し「(この点からも)機内で火薬に由来する爆発物が使われた可能性が高い」と話した。

同テレビは専門家の国籍、所属などを明らかにしていないが、フランスには墜落機を製造した航空機メーカー、エアバスの本社があり、複数の専門家を派遣し、エジプト、ロシア両当局などとともに事故調査に当たっている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]