北朝鮮ミサイルはスカッドER 米軍が分析修正

2017/4/6 7:28
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】北朝鮮が日本時間5日に発射した弾道ミサイルについて、米軍は当初推定した新型中距離「KN15」(北朝鮮名「北極星2」)ではなく、中距離「スカッドER」だったと分析を修正した。米国防総省当局者が5日、明らかにした。発射は「失敗だった」とみている。

米太平洋軍はミサイルが約9分飛行したとみていたが、国防総省当局者は発射から間もなく制御不能に陥り、飛行したのは「1分程度だった」と説明…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]