2019年2月23日(土)

米国初のエボラ感染 看護師、患者の体液に接触か

2014/10/13付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米疾病対策センター(CDC)は12日、米南部テキサス州ダラスの病院でリベリア人男性のエボラ出血熱治療に関わっていた看護師の女性が、エボラ熱に感染しているのを確認したと発表した。

スペインの例と同様に治療中の院内感染で、米国内でエボラ熱の感染が起きたのは初。診断例としては死亡したリベリア人男性に続き2例目。

CDCのフリーデン所長は「感染防護策に明らかな誤りがあった。ほかの医療スタッフの感染も懸念される」と指摘。事態を重く見たオバマ大統領は早急な原因究明をCDCに指示するとともに、保健当局に万全の感染対策を取るよう求めた。

CDCによると、女性は勤務時に防護マスクやガウン、手袋などを着用していたが、脱ぐときに表面に付着した体液に触れた可能性がある。リベリア人男性は死亡前に人工透析や人工呼吸を受けており、CDCはこうした装置の扱いを通じて体液に触れるリスクが高まっていたとみている。

女性は10日に発熱し、11日に地元保健機関、12日にCDCの検査でともに陽性反応が出た。隔離治療を受けて容体は安定している。開発中のエボラ薬の実験的な投与を受けるかどうかは不明。発症後に女性と接触したことが判明しているのは1人だが、CDCなどは、ほかの医療スタッフなどを含めて健康状態を監視する方針。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報