/

プリセツカヤさん死去 「20世紀最高のバレリーナ」

【モスクワ=共同】ロシア・バレエの殿堂モスクワのボリショイ劇場で長年プリマを務め「20世紀最高のバレリーナ」と称されたマイヤ・プリセツカヤさんが2日、入院先のドイツの病院で心臓発作のため死去した。89歳だった。ロシア主要メディアが伝えた。

1925年モスクワ生まれ。18歳でボリショイ劇場に入団すると間もなく頭角を現し、47年に主役を演じた「白鳥の湖」は世界的に称賛を浴びた。60年にボリショイ劇場のプリマとなり、「カルメン」や「眠れる森の美女」などで不動の名声を築いた。

65歳でボリショイ劇場のソリストを退いたが、その後も各国に招かれて舞台に立ち続けたほか、振り付けや演出にも取り組んだ。

日本とも親交が深く約40回訪日し、日本のバレエ界の発展に貢献した。11年には旭日中綬章受章が発表された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン