/

羽生4連覇、女子は宮原2位 フィギュアGPファイナル

GPファイナル男子で4連覇を達成し、笑顔の羽生結弦(中央)。左は2位のネーサン・チェン、右は3位の宇野昌磨(10日、マルセイユ)=共同

【マルセイユ(フランス)=共同】フィギュアスケート男子の2014年ソチ冬季五輪王者、羽生結弦(22)=ANA=が10日、フランスのマルセイユでのグランプリ(GP)ファイナルを合計293.90点で制し、男女を通じて初の4連覇を達成した。

宇野昌磨(18)=中京大=は282.51点で昨年に続いて3位となり、女子でも宮原知子(18)=関大=が自己ベストの合計218.33点で2年連続の2位。日本勢が平昌五輪のプレシーズンで大きな存在感を示した。

羽生は4回転サルコーからの連続ジャンプで転倒するなどフリーは3位と振るわなかったが、首位だったショートプログラムでのリードを生かし、2位ネーサン・チェン(米国)に10点以上の差をつけた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン