2018年6月24日(日)

その他スポーツ

高木美、日本勢初の総合優勝 スピードスケート世界選

2018/3/11 6:00 (2018/3/11 6:48更新)
保存
共有
印刷
その他

スピードスケート世界選手権で、日本勢初の総合優勝を果たした高木美帆(10日、アムステルダム)=AP

スピードスケート世界選手権で、日本勢初の総合優勝を果たした高木美帆(10日、アムステルダム)=AP

 【アムステルダム=共同】スピードスケートの世界選手権第2日は10日、アムステルダムの屋外特設リンクで行われ、女子の後半2種目で高木美帆(日体大助手)が前日からの首位を守り抜き、166.905点で日本選手として初の総合優勝を果たした。イレイン・ブスト(オランダ)が2位だった。

 高木美は2レースともブストと同走。1500メートルは相手の猛追を0秒07差で振り切り、1分58秒82の1位。11秒61のリードで迎えた最終5000メートルでブストと3秒08差の4位と踏ん張った。菊池彩花(富士急)は総合7位だった。

 男子は1800年代から行われている伝統の大会で、欧米勢以外の総合優勝は初。日本は女子の橋本聖子が1990年に、男子の白幡圭史が95、97年に2位となったのが最高だった。

 前半2種目が行われた男子で中村奨太(ロジネットジャパン)は500メートルで8位、5000メートルで最下位の24位となり総合21位。パトリック・ルスト(オランダ)がトップに立った。

保存
共有
印刷
その他

その他スポーツ 一覧

男子100メートル決勝で10秒05で優勝した山県亮太=共同

 100メートルのスターティングブロックについた山県は極限まで集中力を高めていた。「集中というのは目線だと思う。どれだけ自分のレーンだけを見られるか。周りは見えていなかった」。ライバルの動きは気にせず …続き (23日 23:38)

男子100メートル決勝、10秒05で優勝した山県亮太(23日、維新みらいふスタジアム)=共同

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権第2日は23日、山口市の維新みらいふスタジアムで行われ、男子は100メートルで山県亮太(セイコー)が10秒05の大会タイ記録で5年ぶり2度目の …続き (23日 21:20)

 バドミントンのカナダ・オープンは22日、カルガリーで行われ、シングルス準々決勝では男子の古賀穂(早大)が中国選手を2―1で下し、準決勝に進んだ。女子では高橋明日香(ヨネックス)、高橋沙也加(日本ユニ …続き (23日 19:13)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]