/

ギリシャ、デフォルト観測強まる 首相「返済は不可能」

【アテネ=共同】ギリシャのチプラス首相は29日夜、同国の公営テレビに出演し、30日が期限の国際通貨基金(IMF)への債務約16億ユーロ(約2200億円)の返済について、期限までに欧州連合(EU)側が求める財政再建策で合意するのは困難な見通しで、事実上返済は不可能との認識を示した。同国がデフォルト(債務不履行)に陥る恐れが一層強まった。今後の情勢次第では退陣する可能性も示唆。ギリシャ情勢は緊迫してきた。

首相は7月5日に実施予定の国民投票で国民が、EU側が求める財政再建策に賛成し、緊縮策の継続を受け入れるなら「その判断を尊重する」と指摘。首相は緊縮策に反対しており、この発言は退陣の可能性を示唆していると受け止められている。

首相は「私の電話は1日中つながる」と述べ、30日に支援の期限切れが迫る中で、EU側と対話する用意があるとの考えも示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン