中国発の供給過剰波及 素材最大手など不振
資源安が直撃

2016/4/15 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【フランクフルト=加藤貴行】欧州企業の業績の伸び鈍化の象徴が欧州に本社を置く素材などの業界首位の企業群だ。日米の同業に比べ地域や事業のリスク分散で先手を打ってきたが、中国発の世界的な供給過剰があらゆる業界に及び、資源安の影響も直撃している。

「化学品需要は想定より弱含み今年は伸び率が3.4%と前年より鈍る。2016年12月期の営業利益は前期実績をやや下回る」。化学最大手、独BASFのクルト・ボッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]