/

この記事は会員限定です

3度のノーベル賞「内助の功」 浜ホト、未知に挑む

[有料会員限定]
 2015年の梶田隆章氏を含めこれまでに3度のノーベル賞の研究に貢献した浜松ホトニクス。光を電気信号に変換する「光電変換技術」を中核に光電子増倍管で世界シェア9割を握り、光半導体も医療分野などで活躍する。「人類未知未踏に挑め」を合言葉に研究開発に多額の資金を投じる一方、売上高営業利益率は20%を誇る。異色の高収益企業のいまを追う。

長野から静岡に流れる天竜川にほど近い浜松ホトニクス豊岡製作所(静岡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン