/

米アマゾンがファッション通販番組 ネットで生放送

(三浦茜)

3月8日、米アマゾンがファッションとメークを中心としたオンラインライブ番組「スタイルコードライブ(Style Code Live)」をスタートした。平日毎日夜9時から(東海岸時間、西海岸は夜6時から)30分間生放送している。すべての商品がアマゾンで購入可能だ。パソコンかタブレットでの視聴をお薦めしている。

画面の下に番組で紹介される商品が表示され、クリックすれば商品ページにとぶ

番組の司会は地上波のテレビ番組でも活躍しているレイチェル・スミス、リンジー・ロドリゲス、フランキー・グランデ。3人ともテレビ番組や報道の経験がある。

放送時間は5分、10分単位でゲストトーク、ファッションショー、メークと展開していく。それぞれのコーナーが短すぎると感じることはなく、とてもテンポがいい。ネット放送で後ろの番組を気にする必要がないので、30分を過ぎることもあるそうだ。

著者が視聴した際にはソーシャルネットワーク別のメークテクニックが紹介されていた。「インスタグラム」向けのクールなメーク、ビジネス特化の交流サイト(SNS)「リンクトイン」向けのかっちりメーク、デートの相手を探せるアプリ「ティンダー」向けのモテメークがライブで繰り広げられていた。

2人の女性司会者とメーキャップアーティスト、そしてメークモデル。4人の解説をまじえてのメークは公開ガールズトークのようだった。生放送だからか、自分も一緒に参加しているような感覚がした。

画面の下にあるスタイルカルーセルという場所に番組で紹介されている商品が表示される。クリックすればそのままアマゾンの商品紹介ページへ。アマゾンの会員なら購入まで1分もかからない。人気ブランド「テッドベーカー」の259ドルのスカートや「ロキシー」の50ドルのパンツと幅広い価格帯を網羅していた。

司会者が着ているファッションアイテムや、前述のメークに使った化粧品などもスタイルカルーセルに表示され、購入できる。番組で放映された全ての商品が買える究極のインフォマーシャル番組だ。

みうら・あかね 上智大学卒。サンフランシスコ在住。米国でアーリーステージのスタートアップ投資を行うスクラム・ベンチャーズのマーケティングマネージャー。

視聴者もチャットで番組に参加できる。多少おかしな書き込みもあるようだが、ストリームの流れが速いので気にならない。類似の質問が複数あった場合は司会者がライブで読み上げて番組内で回答するという双方向の放送だ。

視聴者数や30分間の売り上げは公表されていないが、番組を見て購入するまでのハードルはかなり低いという印象だ。

一見、従来メディアに追随するような取り組みに見える。だが、筆者はアマゾンがテレビ電波や既存の仕組みを使わなくても、テレビ局になれることを体現していると感じた。

テレビ番組で活躍するタレントを司会として抜てきしたり、女優や歌手をゲストとして呼ぶなど、テレビ番組に引けをとらない。人気ユーチューバーやブロガーを起用するなどネットならではの良さもあった。

アマゾンはネットフリックスと同様、独自ドラマを製作し、ゴールデングローブ賞などを受賞するクオリティーの高い作品を幾つか生み出している。また米プロフットボールNFLのストリームの権利獲得にも乗り出すなど、ライブ動画事業に積極的な姿勢だ。

今回の進化したテレビショッピングとも言える「スタイルコードライブ」を見ていると、アマゾンやネットフリックスによって従来のテレビ番組が不要になる日もくるのかもしれないと感じた。

〔日経MJ2016年4月1日付〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン