/

この記事は会員限定です

高精細、曲がる画面… 有機EL支える日本の「黒子」

スマホ革新、パネル・材料・装置の技

[有料会員限定]

新潟県のほぼ中央に位置する見附市。県営工業団地に日韓中のパネルメーカーが頻繁に視察に訪れる工場がある。有機ELパネルの製造に不可欠な「蒸着装置」と呼ばれる機械で、競合を圧倒するキヤノントッキの本社工場だ。業界では「キヤノントッキの装置は2年待ち」といわれ、パネルメーカー同士の争奪戦が起こっているほどだ。

サムスンが着目

本社工場で組み上げられるのが、真空中で有機材料を気化させて基板に付着させる蒸着装置。「真空内で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1692文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン