/

この記事は会員限定です

楽天・立花球団社長「勝って東北に夢を」

選手が被災地へ 大事

[有料会員限定]

東日本大震災から11日で5年が経過した。当時、本拠地球場が損壊するなどの被害を受けながら、2年後に球団初の日本一に輝いたプロ野球楽天は文字通り、復興を目指す東北の人たちとともに歩んできた。立花陽三球団社長(45)が「被災地の代表」として戦う思いや、今後の復興支援の考え方などを語った。

――これまでの復興支援活動のテーマは。

「東北に勇気を与えたい、がキーワード。被災地だけでなく東北全体がそもそも経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン