/

この記事は会員限定です

企業、教訓忘れず安全重視

東京メトロ・森ビルなどが訓練 被災地の復興支援も継続

[有料会員限定]

東日本大震災から5年を迎えた11日、鉄道事業者など各社は大地震を想定した防災訓練を実施した。震災を教訓に、今も被害を最小限に食い止めるための備えの手を緩めることはない。被災地産品の販売促進などの復興支援にも継続して取り組んでいる。

「地震発生を想定した訓練のため一旦停止いたします」。午後2時46分、東京地下鉄(東京メトロ)など首都圏の鉄道の車内でアナウンスが流れ、列車が停止した。車内は静まりかえり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン