/

東電「安全対策を強化」 元会長ら強制起訴でコメント

東京電力は29日、勝俣恒久元会長ら3人の強制起訴を受け、コメントを文書で公表した。「原発事故で広く社会の皆様にご迷惑とご心配をおかけし、心からおわび申し上げる。損害賠償や(原発の)廃止措置、除染に全力を尽くすとともに、原発の安全性強化対策に不退転の決意で取り組む」とした。

強制起訴については「報道は承知しているが、刑事訴訟に関することであり、当社としてコメントは控える」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン