/

春秋

前衛書道のパイオニア的存在だった上田桑鳩は1955年、日展を脱退した。4年前に出品した作品に対し、主催者の側から「これは書なのか」といった非難の声が届いていたため、抗議の意思を表明したらしい。よくある革新と伝統の対立が火を噴いたといえようか。

▼物議をかもした作品の題名は「愛」。実際に目にすると、漢字の「口」に見える形が3つピラミッド型に置かれている。あえて似た文字をあげれば「品」だ。それがなぜ「愛」なのか。伝えられるところでは、お孫さんがハイハイするイメージを書にしたとか。なるほど前衛だ。保守的な人たちの神経を逆なでしただろう。

▼本紙にとって桑鳩は、ひとかたならぬ縁のある書家だ。このページの右上の隅にある「日本経済新聞」の題字は彼の手になる。登場したのは1946年3月1日だから、明日でちょうど70周年を迎えるわけだ。それはまた、日本が敗戦後の混乱から立ち直ろうとするなか、紙名を変え再出発を果たした本紙の歩みでもある。

▼この題字を見ていると、中国に発する書道の伝統を桑鳩がわがものにしていることを、強く感じる。だからこそ、前衛の極みともいうべき「愛」という作品が生まれたのではないか。歴史と伝統の上にたって新たな境地を切り開く。芸術にかぎらず求められる姿勢だろう。そんな思いを胸に、71年目へと足を踏み出したい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン