/

この記事は会員限定です

世界を「吸引」、荏原の巨大ポンプ 耐久性に強み

[有料会員限定]
 「水」を巡り、インフラ企業がビジネスの争奪戦を繰り広げている。日本企業は仏スエズや仏ヴェオリアなど水メジャーほどの規模はないが、インフラの要となる装置や技術で存在感を示す。国家が存続するために欠かせない水資源だけに、大型事業が目白押しだ。世界各地でわき出る水ビジネスの商機を探る。

工業用ポンプ国内最大手、荏原の千葉県富津市の主力工場。建屋の横には重量約5トン、直径約2メートル、長さ約3メートルの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1896文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン