/

この記事は会員限定です

拡散こそ我が流儀 米大統領選火ぶた(4)

[有料会員限定]

「スピーチの原稿を公表する考えは?」。1月22日、米東部ニューハンプシャー州の選挙集会。民主党大統領候補の前国務長官ヒラリー・クリントン(68)は、記者団の問いかけを黙殺した。

国務長官退任後にクリントンが米投資銀行ゴールドマン・サックスに依頼された3回の講演料は計67万5千ドル。「そんな大金をもらってウォール街に厳しく臨めるはずがない」。民主党の対抗馬で「ウォール街解体」を主張する上院議員バーニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン