患者が納得できる病気辞典、ネットで 医師300人と連携
医療ベンチャー、メドレーの瀧口社長

2016/2/19 2:30
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他

医療ベンチャーのメドレー(東京・港)はオンライン病気辞典の製作に取り組む。医師自らが執筆。1つの病気に対して基礎知識や治療法など様々な医療情報を提供して、患者に理解を促す。1400以上の病気や約2万の医薬品、約16万件の医療機関を掲載する。社長の瀧口浩平(31)は「患者が納得できる病院選びや治療方針の決定につなげたい」と話す。

「心臓の筋肉に酸素を送る血管が詰まった状態」「突然起こる胸や背中の痛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]