/

この記事は会員限定です

三菱商事の海外戦略に刺激 「大物経済人」7人の声

幹部との「国際諮問委員会」で議論

[有料会員限定]

三菱商事は国際的な経営者や学識者らで構成し、意見を求める「国際諮問委員会」を設けている。企業統治を強める目的で設置したが、年1回の会合は国際情勢についての議論が主だ。最近ではインドやIT(情報技術)市場の開拓など、事業戦略に近い部分での助言が増えている。大物の意見なだけに、経営戦略に即反映させている。

三菱商事は1月15日、4月1日付の執行役員人事を発表した。化学品グループCEOオフィスの柳原恒彦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1939文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン