/

この記事は会員限定です

中国客、足元で伸び悩み 円安メリット薄れる

[有料会員限定]

訪日外国人客の多くは中国などアジアが中心で、訪日旅行の大きな理由のひとつは長期的な為替の円安基調だ。ただ昨年後半からの円相場をみると主要なアジア通貨に対して総じて上昇しており、為替面の訪日旅行のメリットが薄れているのも事実だ。実際、景気減速懸念が強まっている中国の訪日客は高水準ながら伸び悩む傾向が出ている。

15年通年で訪日客が最多だった中国は全体の25%、韓国は20%、台湾は19%を占め、これら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン