/

この記事は会員限定です

もがく日銀 「2%」遠く FRBの決断(中)

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)の利上げは、世界の金融当局に玉突きのような政策変更をもたらした。台湾が利下げし、資本流出を懸念するメキシコなどは利上げした。

そして黒田東彦総裁の日銀が18日動いた。多くの市場関係者が意外と受け止めた金融緩和の補完措置。これまでの異次元緩和の枠組みは変えずに、購入する国債の期限を延ばし、設備や雇用を増やす企業の上場投資信託(ETF)を別枠で買う。

折しも政府は一億総活躍社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン