奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ネットメディアのステマ騒動 広告主は倫理再考を (徳力基彦)

(1/2ページ)
2015/11/29 12:00
共有
保存
印刷
その他

 メディアのステマ騒動がとまらない。ステマとは「ステルスマーケティング」の略で、消費者に宣伝と分からないように宣伝すること。特に今注目されているのは、広告主側がメディアにお金を払って書いた記事だが、記事には広告としての明記がされていない「ノンクレジット記事広告」の問題だ。

ヤフーは「やらせ記事」やステマの撲滅を宣言した
画像の拡大

ヤフーは「やらせ記事」やステマの撲滅を宣言した

 ノンクレジット記事広告というと一見新しい広告メニューのように聞こえる。だが、普通の記事に見えるのに実は広告主のお金によって書いている記事であるわけで、読者からすると単なる「やらせ記事」だ。

 今年のゴールデンウイークに、個人投資家の山本一郎氏が、こうした「やらせ記事」の販売にサイバーエージェントグループが関与していると指摘。同社が謝罪リリースを出したのが、象徴的な出来事だった。

 「やらせ記事」についてはかねてその問題が指摘されてきた。本格的に業界健全化へのうねりが始まったのがインターネット広告推進協議会による3月のガイドライン制定だ。7月にはヤフーが「やらせ記事」やステマの撲滅を宣言した。今月には週刊ダイヤモンドが自らのオンライン媒体においても同様の問題があった事実を認め、その上で、ステマに関する特集を組んだ。メディア側も健全化しようという姿勢が明確になってきた。

 ただ、相変わらずステマを続けているメディアや企業が複数存在しているようだ。一部業界では「やらせ記事」が慣習化しており、急には変えられないのではないかという見方がある。

 慣習化を象徴するような例が、PR会社ベクトルの謝罪騒動だろう。同社は週刊ダイヤモンドの「やらせ記事」特集に対して反論した。特集で問題視されている行為は業界全体の習慣ともいえる話だったのに、ベクトル1社のみを攻撃するのは公正ではないと、訴訟も辞さない構えをみせた。だが、数日後には、「やらせ記事」的な施策がガイドライン制定後も存在していたことが判明したとして謝罪のリリースを出した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

口紅をつけた雰囲気も返してくれる

フェイスブックのメッセンジャー、口紅を仮想試着

 電子メールに次ぐ顧客とのコミュニケーションツールはなんだろう。利用者のメール受信ボックスがプロモーションメールであふれかえる中、ネット事業者が頭を悩ませているポイントではないだろうか。日本ではLIN…続き (9/24)

女性活躍や働き方改革は日本企業の重要テーマ(広島市のイベント)

IT業界のワーキングマザー 肯定感の共有を

 女優の武井咲さんと歌手のTAKAHIROさんの結婚と、武井咲さんの妊娠が発表された。非常におめでたいニュースであるのに、CMに多数契約する武井さんの違約金が膨大な額になるといった臆測にもとづいた話が…続き (9/17)

訪日外国人向けメディア活況、月間150万人利用も

 一時は停滞を危惧されたインバウンド市場だが、訪日外国人数は順調に増加している。4~6月期の旅行消費額も1兆776億円と過去最高となった。中国人の爆買いはやや落ち着きつつあるが、逆にツアーから個人旅行…続き (9/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月26日(火)

  • Uber、ロンドンで営業免許更新されず―新CEOの対応は?
  • その爆弾処理ロボットは、仮想現実によって「その場にいる感覚」で操作できる
  • LTE通信に対応したApple Watchは、「次世代のiPhone」だった

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月26日付

2017年9月26日付

・ファーストブランド、専門家の営業支援サイトで英語版、訪日客狙う
・アルプス電気、車載レーザー部品に参入 小型レンズの技応用
・自動運転 向かい合うシート 180度回転 米アディエント提案
・芦森工業、シートベルト部品生産を大阪に移管 年産能力2倍
・介護大手のMCS、「日本式」サービスで中国市場開拓…続き

[PR]

関連媒体サイト