トップ > 特集 > 点検 日本経済 > 新着 > 記事

首都圏マンション発売、2カ月連続減 傾斜問題が影
10月6.5%マイナス 先送り10件

2015/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

横浜市のマンション傾斜問題が住宅市場に影を落としている。不動産経済研究所(東京・新宿)が17日発表した首都圏の新築マンションの10月の発売戸数は2921戸で前年同月比6.5%減と2カ月連続で減った。10月単月でも1973年に統計を取り始めてから3番目の低さだ。契約率も低調で景気のけん引役の一つである住宅投資に冷水を浴びせかねない。

「秋商戦」つまずく

10月は住宅会社にとって「秋商戦」が始まる大事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]