/

この記事は会員限定です

伝統薬「ジャムウ」最大手 シド・ムンチュル(インドネシア)

健康ブーム追い風に拡大

[有料会員限定]

「ジャムウ」と呼ぶインドネシアの伝統薬で最大手。近代的な技術をいち早く取り入れて大量生産し、全国に販売網を広げた。2013年に新規株式公開(IPO)して以降は商品群の拡充や海外展開を加速している。

主力の「トラック・アンギン」はショウガや蜂蜜など20種類以上の原料を配合したジャムウで風邪の予防に効くとされている。液状タイプは1回使い切りの小袋で販売しており、価格は2500ルピア(約22円)程度。毎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り476文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン