2019年1月22日(火)

伝統薬「ジャムウ」最大手 シド・ムンチュル(インドネシア)
健康ブーム追い風に拡大

2015/11/17 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「ジャムウ」と呼ぶインドネシアの伝統薬で最大手。近代的な技術をいち早く取り入れて大量生産し、全国に販売網を広げた。2013年に新規株式公開(IPO)して以降は商品群の拡充や海外展開を加速している。

主力の「トラック・アンギン」はショウガや蜂蜜など20種類以上の原料を配合したジャムウで風邪の予防に効くとされている。液状タイプは1回使い切りの小袋で販売しており、価格は2500ルピア(約22円)程度。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報