台湾系の中国食品大手の康師傅、10%減益 7~9月

2015/11/17 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【大連=原島大介】台湾系の中国食品大手、康師傅控股が16日発表した2015年7~9月期業績は、最終利益が前年同期比10%減の1億4400万ドル(約176億円)だった。中国の景気減速に加え、消費者の健康志向の高まりなどから、主力の即席麺、清涼飲料の両事業が販売減となったことが響いた。

売上高は同7%減の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]