/

この記事は会員限定です

アルファベット、気球使ってネット接続実験 インドネシアで

来年、回線整備難しい地域に的

[有料会員限定]

【シリコンバレー=小川義也】グーグルを傘下に持つ米アルファベットは28日、気球を使って空からインターネット接続サービスを提供する「プロジェクト・ルーン」の実験をインドネシアで来年始めると発表した。テレコムセルなど現地の通信大手3社と組み、光ファイバー回線や基地局の設置が難しい地域の住民がネットを利用できるようにする。

プロジェクト・ルーンを手掛けるアルファベット傘下の特命研究機関「Xラボ(旧グーグ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り516文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン