奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マーケティングの役割 中心は顧客の問題解決 (徳力基彦)

2015/11/1 12:00
共有
保存
印刷
その他

 10月中旬、日本最大規模のマーケティングの国際会議「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン2015」が都内で開催された。マーケティングの世界的な権威、米ノースウエスタン大学のフィリップ・コトラー教授が中心になり「マーケティングで世界をより良く」というスローガンの下、社会や経済発展を促すマーケティングの活用について議論した。

ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン2015(H&Kグローバル・コネクションズ提供)
画像の拡大

ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン2015(H&Kグローバル・コネクションズ提供)

 筆者もサミットのアンバサダーとして、様々な登壇者に直接話を聞く機会を頂いたので、感想を紹介しておきたい。

 そもそも読者の方々は「マーケティング」という言葉を聞いて日本語でどう説明するだろうか。ある人は広告宣伝だと言う。調査やリサーチのことだと思っている方もいるかもしれない。コトラー教授やサミットの実行委員会代表であるネスレ日本の高岡浩三社長はマーケティングの役割を「顧客の問題を解決する」ことと定義していた。

 日本企業は戦後から「モノづくり」を磨き、世界を席巻してきた。だが、日本経済とともにこの10年以上苦戦が続いているという印象が強い。それはバブル崩壊だけではなく、日本企業に本当の意味での「マーケティング」が不在のまま、今日に至っているからではないか。これが、今回のイベントで問題提起され、何度も議論された。

 日本では良い製品を作れば売れる、という前提でモノづくりが議論されがちだ。だが、「良い製品」が企業目線では技術の粋を極めた製品でも、顧客の問題解決に何もつながっていないと、顧客からすれば全く興味が湧かない。当然、全く売れないという結果になる。

 良い製品を作って売ることを企業活動の中心におくと、組織構造も縦割りで分業制になり、時代の変化にも弱くなる。インターネットやスマートフォンの普及により顧客が大量の情報を入手できるようになった現代において致命的な問題だ。

とくりき・もとひこ 名大法卒。NTTを経て06年アジャイルメディア・ネットワーク設立に参画、09年社長。14年3月から取締役最高マーケティング責任者(CMO)。

とくりき・もとひこ 名大法卒。NTTを経て06年アジャイルメディア・ネットワーク設立に参画、09年社長。14年3月から取締役最高マーケティング責任者(CMO)。

 顧客の問題解決を中心におけば、顧客の変化に敏感にならざるを得えないし、組織も柔軟にならなければならない。「モノづくり」ではなく、顧客の問題を解決するという「マーケティング」を企業活動の中心に据えることこそが、日本企業復活の鍵になるという。

 だからといって米国のマーケティングをそのまま模倣すればよいという話ではない。初日に小泉進次郎衆院議員がラグビー日本代表の「ジャパンウエー」を引き合いに、日本人はCan't do(できないこと)を強調しがちだが、それをCan do(できること)のカルチャーに変えることが重要だと紹介。海外の登壇者から「日本は何度も大きな変化に自ら適応し進化してきた歴史があるのだから、現在のデジタル時代にも適応できるはず」とエールが送られた。

 日本はシリコンバレーのように、ウェブサービスで産業構造全体の秩序を壊すようなイノベーションを起こすことは向いていないかもしれない。だが、モノづくりと組み合わせたイノベーションは日本企業の強みが生きるはずとの意見もある。

 マーケティングという言葉だけを聞くと、海外の学問という印象が強い。だが、本来マーケティングの役割は「どのような顧客問題を解決するのか」という企業の存在意義そのものであり、企業活動の根本だ。日本企業にとって、マーケティングにおけるジャパンウエーを見いだすことが最も必要なことなのかもしれない。

 (アジャイルメディア・ネットワーク取締役)

〔日経MJ2015年10月30日付〕


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

奔流eビジネスをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

女性活躍や働き方改革は日本企業の重要テーマ(広島市のイベント)

IT業界のワーキングマザー 肯定感の共有を

 女優の武井咲さんと歌手のTAKAHIROさんの結婚と、武井咲さんの妊娠が発表された。非常におめでたいニュースであるのに、CMに多数契約する武井さんの違約金が膨大な額になるといった臆測にもとづいた話が…続き (9/17)

訪日外国人向けメディア活況、月間150万人利用も

 一時は停滞を危惧されたインバウンド市場だが、訪日外国人数は順調に増加している。4~6月期の旅行消費額も1兆776億円と過去最高となった。中国人の爆買いはやや落ち着きつつあるが、逆にツアーから個人旅行…続き (9/10)

長野県のイベントで、キングコング西野さんが絵本について語った

絵本「えんとつ町のプペル」 成功生んだクラウド調達

 お笑い芸人のキングコング・西野亮廣さんがつくった絵本「えんとつ町のプペル」の勢いが止まらない。出版不況がさけばれるなか、プペルの発行部数は発売から1年を待たずに30万部を突破した。
 先日長野で開催さ…続き (9/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月24日(日)

  • アップルが開発した「ニューラルエンジン」は、人工知能でiPhoneに革新をもたらす
  • 日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由
  • ゲームの真髄は「身体性」―Niantic川島氏×スクウェア・エニックス三宅氏【対談】

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト