/

この記事は会員限定です

休職・休業制度 正しく知って

多様な働き方、企業対応進む 短時間や孫誕生休暇

[有料会員限定]
 育児や介護、家族や自分の病気などで会社を長期に休まなければならなくなったら――。「退職」を考える前に、勤務先の休職・休業制度を調べてみよう。法律上の長期休業のほか、最近は多様な働き方に合わせた独自の制度を設ける企業も増えている。一時的に休んでも、働き続ける道はある。

「選択短時間勤務を知っていますか?」。ワコールの社員食堂の卓上には、ほぼ月替わりで勤務制度を紹介する「ダイバーシティ通信」が登場す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン