2019年1月17日(木)

「アマゾンパントリー」に勝機 コンビニよりNB充実 (村山らむね)

(1/2ページ)
2015/10/18 12:00
保存
共有
印刷
その他

9月15日から始まった「Amazonパントリー」。日用品や食料品などスーパーで買うような商品を1つから宅配してもらえるサービスだ。年会費を払ったアマゾンのプライム会員だけが利用できる。送料は1箱当たり290円。夫が私より先に利用していた。

指定の段ボールの容量または12キロまで詰められる。

指定の段ボールの容量または12キロまで詰められる。

夫は30年来、資生堂のスーパーマイルドシャンプーを愛用している。それを扱っているマツモトキヨシは帰宅時間には閉まっている。かといって24時間営業のスーパーに遠回りをして行くほどではないということで、試してみたそうだ。

52×28×36センチメートルの専用段ボールの容量または12キログラムまで詰められる。買い物途中、現在カゴに入っている商品で容量または重量の何%なのかがリアルタイムで表示される。せっかくならできるだけ詰めたいと、夫は60%くらい注文したそうだ。送料が変わらないなら、めいっぱい詰め込んで買いたいというのは自然な気持ちである。

コンビニでは扱っていないNB商品が手に入る

コンビニでは扱っていないNB商品が手に入る

実際に購入したものをみてみると、キリンビール淡麗プラチナダブル、サンスターG・U・M歯磨き、味の素ゼネラルフーヅBlendy、資生堂スーパーマイルドシャンプーとコンディショナー。長年愛用のナショナルブランド(NB)商品で、最寄りのコンビニエンスストアで取り扱っていない商品だった。

至近距離にコンビニがある首都圏に住んでいても「欲しいものがなかなか買えない」という状況は存在している。毎日口にするものにはそれなりにこだわりがあるので、コンビニの品ぞろえに不満を感じる。コンビニのプライベートブランド(PB)を試しても何かが違う。近くの総合スーパーはずい分前に閉店した。コンビニの棚からこぼれ落ちたNBの愛用者として少し困っている。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報