/

この記事は会員限定です

けもの道の歩き方 千松信也著

猟師の生活、軽妙で沈着に

[有料会員限定]

伝統の「くくりわな」を仕掛ける。鹿がかかった。頸(けい)動脈に刃を向ける。血が流れる。

「命に感謝」「命は平等」

著者はそう書いて続ける。

「なんて言葉はやはりきれい事で胡散臭(うさんくさ)く思える」

京都大学文学部在籍時に狩猟資格を取得、運送業に従事しながら、原則、自分の家の食糧の分を求めて「けもの道」を歩く。

生命の根源と向き合う。するとヒトは多様性に寛容となり、思考の均衡を得る。

軽妙で沈着な文...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン