/

この記事は会員限定です

TPP 大筋合意 12カ国、31分野で協定

関税撤廃・知財まで網羅

[有料会員限定]

【アトランタ=中野貴司】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する日米など12カ国は5日、閣僚会合後に共同記者会見して大筋合意に達したと発表した。全31の分野をカバーする大型の通商協定の締結で工業品の関税は99.9%が撤廃され、知的財産権や環境保護まで幅広いルールが整備される。アジア太平洋地域のヒトやモノの移動が活発になり、長い目でみた地域の成長や安定につながる。

5年半に及ぶ交渉が決着し、人口...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン