宮沢首相「私は嘘をついたことはありません」
政治改革、約束が命取り

2015/9/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1992年10月、自民党は揺れていた。前副総裁の金丸信が佐川急便からのヤミ献金が発覚して議員を辞職。政界有力者が名を連ねたリクルート事件の影響が残る中、政治改革の機運がさらに高まった。最大派閥、旧竹下派は金丸の信望の厚かった小沢一郎と、梶山静六、小渕恵三らが主導権争い。敗れた小沢は羽田孜とともに政治改革を旗印に羽田派を結成した。

93年の通常国会では、小選挙区比例代表並立制の導入と政治資金規制の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]