/

この記事は会員限定です

復活テクニクス レコードプレーヤーに現代の技

[有料会員限定]
 パナソニックの高級オーディオ「テクニクス」に勢いが出てきた。9月上旬のドイツ家電見本市で往年の名機としてファンが多い「ターンテーブル(アナログレコードプレーヤー)」を2016年度に復活させると表明。ブランドそのものの復活からわずかの期間で、品ぞろえを一気に増やす。津賀一宏社長が改革の柱に掲げる「現場主義」。テクニクスはその象徴として飛躍をめざす。

「次の50年に続く道を一緒に切り開いていきましょ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン