ギリシャの債務問題 アジアの歴史に学べ
スティーブン・グレンビル氏寄稿

2015/9/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ギリシャは7月、ユーロ圏離脱の瀬戸際でためらったあげく、3年で860億ユーロ規模の金融支援に向けて協議することで国際債権団と合意した。しかし債権団の要求する改革は同国の経済回復を遅らせるだろう。残存債務と構造改革を切り離した見直しが必要で、アジアにその手本がある。

1966年、インドネシア経済は崩壊状態にあった。この年に支払う返済額は同国の輸出総額の130%に達した。67年就任のスハルト大統領へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]