/

この記事は会員限定です

豪エネ大手、パプアニューギニア拠点の同業に買収提案

9700億円で

[有料会員限定]

【シドニー=高橋香織】オーストラリア石油・ガス大手ウッドサイド・ペトロリアムは8日、パプアニューギニアで操業する同業のオイルサーチに買収提案したと発表した。買収額は約116億豪ドル(約9700億円)。原油安で石油・ガス会社の株価が下がる中、大型買収の動きが本格化してきた。

ウッドサイドは同社1株をオイルサーチ4株と交換する提案を行った。オイルサーチの7日終値を約13%上回る水準となる。オイルサー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン