車線ごとに情報、誤差10センチ 自動運転へ道

(1/2ページ)
2015/9/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 自動運転の実用化に向けたデジタル地図の開発が加速する。パイオニア子会社のインクリメントP(川崎市)は車線幅などを誤差10センチ程度で再現する超高精度な地図の作製を始めた。クラウドを活用し、渋滞や事故情報も瞬時に反映する。高精度地図は海外の自動車関連企業もこぞって開発に力を入れる分野。センサーとともに自動運転車両の「目」となる技術の普及が近づきつつある。

自動運転システムは歩行者や道路標識を「認知…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]