/

この記事は会員限定です

車線ごとに情報、誤差10センチ 自動運転へ道

[有料会員限定]
 自動運転の実用化に向けたデジタル地図の開発が加速する。パイオニア子会社のインクリメントP(川崎市)は車線幅などを誤差10センチ程度で再現する超高精度な地図の作製を始めた。クラウドを活用し、渋滞や事故情報も瞬時に反映する。高精度地図は海外の自動車関連企業もこぞって開発に力を入れる分野。センサーとともに自動運転車両の「目」となる技術の普及が近づきつつある。

自動運転システムは歩行者や道路標識を「認知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1789文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン