「出る杭」伸ばす目利き必要
開成中学・高校校長の柳沢幸雄氏に聞く

2015/8/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米ハーバード大でも東大でも新入生を見てきたが、日本の高校生は世界一優秀だ。それが大学入学以降、成長の勾配が米国より緩やかになり、40歳の頃には逆転されてしまう。原因は「出る杭(くい)」を打つ日本の企業文化だ。

米国は加点主義だから何も発言しないと0点。だから自分の立場を鮮明にして主張する訓練を受ける。発言して行動を起こせば間違うことも多いが、そこから学ぶ。それが米国の若者の行動原理だ。

一方、日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]