/

この記事は会員限定です

金型の粋、ペッパーに 硬く柔軟 複合材成型

[有料会員限定]
 ソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー」を生産する世界最大のEMS(電子機器の製造受託サービス)、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業。その製造現場である煙台工場(山東省)を歩くと、祖業である金型技術、現場の飽くなき改善精神、地元政府との一体運営が鴻海のもの作りを支える構図が浮かび上がる。世界初のヒト型ロボット量産に挑む現場の実像に迫った。

「ペッパーの量産で最も苦労したのは白いボディー。ここに鴻海が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1775文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン