/

この記事は会員限定です

訪問看護師、地域で育てる 「施設から自宅へ」

ニーズ高まる在宅ケア、自治体と大学が連携

[有料会員限定]
 在宅医療を担う訪問看護師を育てる取り組みが進んでいる。訪問看護に必要な幅広い知識を教えようと、自治体が看護系大学と組んで養成コースを開設したり、民間企業と連携したりしている。国は地域全体で高齢者をケアする仕組みづくりを進めるが、その担い手である看護師の不足が指摘され、人材育成が急務になっている。

高齢化が進む岡山県北東部で、訪問看護ステーション「あゆみ」(同県津山市)の訪問看護師、石井絵里さん(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1948文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン