2019年5月21日(火)

カウントダウン

フォローする

ラグビー世界選抜 夢の布陣 15日に日本戦
各国のスター集結

2015/8/15 3:30
保存
共有
印刷
その他

ラグビー日本代表が15日のリポビタンDチャレンジカップ(東京・秩父宮ラグビー場)で対戦する世界選抜は、他競技に類例の少ないユニークな集団だ。各国のスターが集まって定期的に遠征する"ドリームチーム"。ラグビー界特有の事情で成り立っているようだ。

ラグビー日本代表の印象を語る世界選抜のボタ=12日、東京都内のホテル

今回の顔ぶれは豪華で各国の代表の主力だった選手が並ぶ。万能バックスのジェームズ・オコナー(オーストラリア)ら9月開幕のワールドカップの出場を狙う選手も多く、戦意は低くない。

プロモーターのスティーブン・ベリック氏によると、世界選抜の歴史は古くは1940年代には存在していたという。近年は毎年各国に遠征して試合を行っている。

同氏によると、サッカーでも同じ動きはあった。旗振り役は大物代理人のジョルジュ・メンデス氏。だが実現しなかった。「週給50万ドルの選手は(ケガに備えるための)保険料も高いのでサッカーでは金銭的に難しい。ラグビーは選手の報酬がまだ高くないからできる」

資金的な手軽さとは別の背景もある。「チームの目的の一つが同志愛の醸成。ラグビーの選手は友達をつくる機会を楽しんでいる」とベリック氏。象徴的なのは日本戦で先発する南アフリカのバッキース・ボタ(35)とニュージーランドのアリ・ウィリアムズ(34)。国際舞台でしのぎを削ってきた2人が現役生活の晩年でコンビを組んで戦う。

カウントダウンをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

カウントダウン 一覧

フォローする
日本史上最多の代表戦通算661得点を挙げている五郎丸=共同共同

 18日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)イングランド大会に出場する日本代表について、スポーツ専門の市場調査会社レピュコムジャパンが全国の人に「応援したい選手」を聞いたところ、首位はFB五郎丸歩( …続き (2015/9/17)

 この人がいなければ球技の試合は成立しない。それがレフェリー(審判)だ。とりわけラグビーのルールは難解なうえ、レフェリーによって「解釈」に幅があることもある。選手や監督にとって大事なのはレフェリーと対 …続き (2015/9/12)

ラグビーW杯に向け、練習する日本代表の山田章仁(11日、ブリストル)=共同共同

 18日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)イングランド大会に出場する日本代表で、ベテランのWTB山田章仁(30)=パナソニック=が大舞台へのデビューを心待ちにしている。8月に痛めた右股関節痛で一時 …続き (2015/9/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]