/

この記事は会員限定です

サムスン、ベトナム投資を2400億円積み増し

スマホ用有機EL工場に

[有料会員限定]

【ソウル=小倉健太郎】韓国のサムスンディスプレーはベトナムでの有機ELパネル工場への投資額を2兆3000億ウォン(約2400億円)積み増し、2020年までの総投資予定額を約3700億円とする。主にスマートフォン(スマホ)用の中小型パネルを作る。サムスンの大型投資を呼び水に中核部品の生産が進めば、電子機器の製造拠点としてのベトナムの地位が高まりそうだ。

サムスンにとってベトナムはスマホの一大生産拠点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン