密使の存在、外務省は認識 京都産業大教授・東郷和彦氏(沖縄返還の功罪)

2015/8/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

沖縄返還交渉時の外務省北米局長・東郷文彦の次男で、若泉敬が活躍した京産大の世界問題研究所長である東郷和彦教授に聞いた。

――東郷局長は密使の存在を把握していましたか。

「確実にイエスだ。交渉途中、米政府から返事が来なくなる。そのうち見たことがない英語表現が向こうから出てくる。これで誰もいないと思っていたということはあり得ないと思う」

――外務省は密約やむなしだったのでしょうか。

「核兵器の沖縄へ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]