先端素材、復権の胎動 化学や電機など新興勢力が躍進

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2015/8/1 6:30
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他
 電機産業の停滞などで地盤沈下が指摘される阪神工業地帯。ここ数年大手のリストラが目立ったこの地域で、急速に育ちつつあるのが先端的な産業材料やデバイスの分野だ。化学や電機の産業を母体に新興勢力やニッチトップ企業が成長し、電池領域などで開発や生産の機能が集まり始めた。阪神復権へ。先端マテリアルはその糸口となるか。

大阪市南部・住之江区の湾岸、通称「南港地区」。古びた木材工場が集まる一角で昨年、鮮やかな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]