/

この記事は会員限定です

上海 株と不動産、シーソー相場

[有料会員限定]

中国・上海株が揺れている。高値圏から急落した今月半ば以降、神経質な相場展開が続く。市場では投資家の資金が株式から不動産に動いているとの観測が出ている。

上海総合指数は6月に入り心理的な節目の5000を上回り、12日に7年5カ月ぶりの高値を記録。株価は1年で2.5倍になった。ただ、その後は強気ムードが一服。指数は高値から1割ほど下げ、売買代金も6月上旬のピークから3割ほど落ちている。

新規上場銘柄を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン