2019年9月23日(月)

高すぎるシリコンバレーの住宅 1億円以上がざら
フィル・キーズ(米ブルーフィールドストラテジーズ アナリスト)

(1/2ページ)
2015/6/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校によると、現在のカリフォルニア州の雇用数はリーマン・ショック前の数字を超えてきた。シリコンバレーであれば、2005~13年の間にテクノロジー関連業界の雇用はサンマテオ郡で50%、サンタクララ郡で46%、サンフランシスコで2倍に増えた。さらにシリコンバレーのテクノロジー関連業界の年間収入は米国では最高水準で、シアトルより66%高いという。

カリフォルニア大学バークレー校在学中に交換留学で来日。日本のIT(情報技術)産業にも詳しく、技術誌やウェブサイトなどでジャーナリストとして活動。日本での勤務経験もある。

カリフォルニア大学バークレー校在学中に交換留学で来日。日本のIT(情報技術)産業にも詳しく、技術誌やウェブサイトなどでジャーナリストとして活動。日本での勤務経験もある。

こうした経済環境や快適な気候などからシリコンバレーは生活するのに良い地域だと思われているが、住宅の価格が高いのが重要な問題だ。米社の調査によると、15年4月のサンタクララ郡の住宅の平均価格は90万5000ドル(約1億1200万円)、サンマテオ郡であれば119万4500ドル(約1億4800万円)だった。家賃も高い。15年第1四半期では、サンノゼ市内で2つの寝室、2つのバスルームがあるアパートであれば、1カ月の家賃は約2600ドル(約32万円)になるという。シリコンバレーに引っ越しを考えると、高い給料を得ている人でも、住宅の高いコストで経済的に苦労すると思われる。

日本に比べるとカリフォルニア州は土地が広大だ。それなのになぜシリコンバレーでは住宅の価格は高いのか。理由の1つは日本人にとっても分かりやすい。それは、シリコンバレーの土地は西や東、北を山に囲まれて、住宅を建てることができる土地が比較的少ないからだ。このため地価が高くなり、住宅価格にも影響をする。シリコンバレーの周囲の山は高くて1000メートル程度だ。丘と呼ぶ方が正しそうで、住宅を建てるのは可能だ。だが、シリコンバレーで以前から生活している人たちはシリコンバレーの自然の雰囲気が気に入っていて、山の中に住宅などを建てにくい対策を実施している。例えば私が住んでいる地域では、周辺の山に新築した住宅には水道などのサービスを提供しないという法律がある。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。